AGA治療の効果

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

AGAは日本の成人男性3人に1人が悩んでいると言われています。AGAは男性型脱毛症であり、髪の毛が生えるサイクルが乱れることから髪が細くうぶ毛の状態になり、地肌が見えてくるようになります。

 

日本の成人男性は毛髪が薄くなっているのを気にしてはいるが、積極的に対策をしている人は意外に少ないのだそうです。遺伝とあきらめてしまっている方や齢だからしかたがない、治療しても効果が期待できそうもないと思っているかたも多いのだそうです。また、治療にかかる費用や時間が原因という方もいます。

 

クリニックなどではカウンセリングで、その人のうす毛の原因を問診・検査などを通してきっちり確認して、その状態に合わせた治療法を薦めてくれます。さらに治療と同時に食生活や生活指導などもしてくれます。

 

市販されている高価な育毛剤やケア商品を自己流に使っても、効果がでないことがあります。AGAの治療はその人の症状に合った方法で行わなければ効果が実感できないことが多いのです。

 

AGAは症状にあった治療法で行えば、個人の差はあっても効果が期待できると言われています。自己流の治療で効果が実感できていない方は、あきらめずに専門家に相談してみてください。

 

AGA治療の注意点

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

AGAで悩む方は、ネットや雑誌の通販で日本のドラッグストアなどでは売っていない外国製の内服薬などを個人輸入している方も少なくありません。

 

こういった薬が安全なものかどうかが問題です。自分のうす毛の原因をちゃんと理解して外国製の薬が合っていると判断したかも問題です。親しい人が使っていて効果があるから自分のうす毛にも効果があるとは限りません。

 

日本で認可されていない薬などは、間違えて使用すると効果がないばかりか、副作用を引き起こすこともありますから注意が必要です。

 

AGAの治療はAGA専門クリニックのほか、皮膚科でも受け付けている病院が多くなりました。皮膚科では、専門クリニックと違って遺伝子検査や頭部の撮影などまでは行っていないのが現状です。

 

皮膚科でAGA治療するメリットは費用が安くなることと、処方薬が合えば効果が出るので継続しやすいです。また、通院回数も専門クリニックに比べるとうんと少なくて済みます。

 

しかし、AGA治療の専門医ではないため、症状にあった治療ができない可能性もあります。また、効果がでるまで時間がかかり、治療期間が長くなります。
AGA治療専門のクリニックか皮膚科で迷ったら、以上のようなメリットとデメリットを考慮して検討する必要があります。

 

札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド(http://www.angvc.org/)

AGAの治療費

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

AGAの治療に保険を使いたいと思っている方もいるかもしれませんが、残念ながらAGA治療は健康保険適用外となっています。

 

それは、AGAの治療は大きく分けて1.飲み薬、2.塗るタイプ、3.植毛、4.薬剤注入の4つがありますが、これらの治療は厚生労働省が定めた医療保険が適応さるものに含まれていないからです。

 

AGA治療は美容整形と同じ分類に入っており、命に係わる治療ではないためということなんです。

 

『飲み薬の相場』は、フィナステリドを有効成分とするプロペシアという薬になります。プロペシアの相場は約1ヶ月分で7,000〜10,000円ぐらい。後発医薬品のジェネリックのエフペシア、フィンペシア、フィンカー、フィナロ、フィナバルドなどなら、約2,000円ほどで購入できます。

 

『塗り薬の相場』塗る薬として使われるのは主に、ミノキシジルという成分の入ったもので、毛細血管を刺激して細胞を活性化する働きがあります。一般的にリアップ、ロゲインなどです。リアップは1ヶ月分7,000〜8,000円。ロゲインは2,500円程度で購入できます。

 

『発毛注射の相場』は、ミノキシジル、フィナステリド、アミノ酸、プラセンタなどの発毛に有効な成分を混ぜ合わせて直接頭皮に注入します。痛みはほとんどなく、効果も高いと言われる治療方法です。注入1回が30,000〜40,000円程度です。また、発毛注射の中でもアレルギーや性別、年齢や体質、髪の毛の状態によって起こる様々な副作用の問題を解決したとして注目されているHARG治療は約70,000〜90,000円と高額ですが、効果は高いと言われています。

 

『植毛の相場』はクリニックによっても異なりますが、だいたい1本あたりの植毛費用が300〜1,000円程度。1,000本の植毛なら300,000〜1,000,000円ということになります。植毛範囲が広い人の場合の植毛本数は一般的に3,000本ですから、最大150万円もかかる場合があります。

 

AGA治療はなんといっても安全性と確実性が一番大切だと考えられます。安さばかりを追求すると安全性も効果も心配になってしまいます。それでもなるべく安く抑えたいですから、まず一般病院の皮膚科で相談するといいかもしれません。
お金に余裕がある場合は、AGA専門クリニックに相談するのもよいでしょう。

AGA治療の種類

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

AGAの治療は大きく分けて2種類と考えることができます。

 

1.発毛、育毛を促す薬を飲む、あるいは塗る方法
2.髪の毛の成長を促す薬を頭皮に注射する。あるいは植毛する。

 

1の治療法は、発毛・育毛の治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗る方法です。
代表的な薬としては、「プロペシア」という内服薬と「ミノキシジル」という塗り薬です。プロペシアはAGAを引き起こす原因となるDHTの働きを抑制します。
塗り薬のミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることで発毛を促す作用があります。

 

2は成長因子と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入して、発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」はまだ、新しいAGA治療法として最近注目されています。
また、後頭部など、まだ髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取して薄い部分に移植する「自毛植毛」という方法もあります。

 

AGAは治療法によって効果の表れ方も異なり、一時的に効果があるパターンや半恒久的に効果が続くパターン、治療を継続している間は効果があるパターンなど。また、治療方法によって費用も大きく差が出ます。どのような効果を望むのか、費用についての問題がクリアできるか、など、検討が必要になります。

AGAの進行は防ぐことができる

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

中高年の男性の中には、頭髪が薄くなってきた、ハゲてきたかもと、自覚しているにもかかわらず、積極的な対策をしなかったため、あれよあれよという間に地肌が透けて見えるほど薄くなってしまったという方が少なくありません。

 

うす毛やハゲを気にしない方はいいのですが、気になる方はもう手遅れだとあきらめず育毛ケアを行い、生活習慣全般を見直すことがとても重要です。
髪にとって良いとされる習慣を日常に取り入れて育毛することを心掛けましょう。

 

髪にとって良いこととは、栄養バランスと血行促進です。髪に必要な栄養が不足するとAGAではない方でも髪に悪い影響を出てしまいます。髪の基礎栄養であるタンパク質の不足に注意し、うす毛の原因にもなる亜鉛が豊富な食材も積極的に摂りましょう。

 

シャンプーやコンディショナー剤はシリコン・合成ポリマー・ラウリル硫酸・石油系合成界面活性剤などの成分が入らないものを選ぶこともAGA対策のひとつです。

 

喫煙習慣がある男性の場合、タバコは髪に重要なビタミンBやEを大量に消費してしまうため、育毛を妨げてしまいます。またニコチンによって血管が細くなり髪まで栄養を運べなくなってしまいます。動脈硬化による体の健康にも大きな影響があります。

 

AGA治療を行っても生活習慣が乱れていては、AGA治療の効果が薄くなってしまいます。AGA予防のためにも日常の生活を見直すことが大切です。

AGA治療専門クリニック

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

ハゲやうす毛は予防、改善できる時代になってきています。昔はピンポイント増毛やカツラなどで対策していましたが、最近は自分の毛が生える治療が登場しています。
AGAに有効なミノキシジルやフィナステリドのような治療薬が開発されうす毛やAGA治療が飛躍的に進歩し、最近では有効成分を直接頭皮に注入する手法も登場しています。そういった治療が病院で受けられるようになったため、AGA専門クリニックでの治療を受ける方が増えてきて、専門クリニックの数も急激に増加しています。

 

ただ、AGA治療は自由診療のため、健康保険適用外で、病院ごとにバラバラです。また、クリニックごとに治療内容が異なり、症状に合わせた治療を行います。

 

なので、どの病院を選ぶかで治療方法も費用も違ってくるわけです。
病院選びのポイントは
1.薬をオーダーメードで処方してくれる。薬以外の治療も受けられる。
2.自分の予算に近い費用であり、無料カウンセリングがある。
3.治療実績が豊富である。
などを確認することも必要になります。

 

AGA治療クリニックで人気の上位5件のクリニックをあげると、銀くりAGA・AGAスキンクリニック・ヘアメディカル・AGAルネッサンスクリニック・TOMクリニックなどがあります。

なぜ額や頭頂部からうす毛になる?

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

男性のうす毛の多くは、額の生え際や頭のてっぺんが薄くなってきます。いわゆる「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれている症状です。

 

髪の毛は自然に生え変わるものです。寿命がくれば自然と抜け、新しく生えてくるヘアサイクルがあるのです。ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」があって人はこのサイクルを一生に15回ほど繰り返すのだそうです。思ったより少ない感じです。

 

AGAになると、成長期が短縮され、髪がうぶ毛のような細く短い状態のまま休止
期に入ってしまい抜け落ちます。さらにAGAが進むとうぶ毛程度の毛も生えなくなってしまいます。

 

こういった症状が主に額や頭頂部に現れるのがAGAです。
AGAの原因となる、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」は、額や頭頂部に高濃度に存在するためAGAになると言われます。

 

額や頭頂部が薄くなってきても、うぶ毛が残っていれば太く長い髪に育つ可能性があるので、決してあきらめる必要はありません。

AGAとサプリメント

 

『AGA治療の効果・費用ガイド』薄毛治療・薄毛対策の方法を解説

 

AGAは男性ホルモンが原因といわれています。テストステロンというホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という別の男性ホルモンに変化してしまうために、髪の生え変わるサイクルが狂ってしまうためAGAを引き起こしてしまいます。

 

そこで、このDHTを生成できないようにしてAGAを予防、改善できるサプリメントが販売されています。

 

男性のホルモンバランスを整える、イソフラボンやノコギリヤシ、頭皮環境を改善するプラセンタ、代謝や細胞の再生を促すビタミン類、毛髪細胞の活性化と血流改善が期待できるビール酵母などの成分が配合されたサプリメントは育毛効果が高いと言われています。また、代謝や細胞の再生を促す成分の亜鉛、葉酸なども髪の健康には必要な成分です。

 

サプリメントは医薬品ではないので、効果が目に見えて現れるわけではないのですが、長く続けることで身体の内側から改善してくれるといわれます。
用法、容量を守って継続的に摂取することが重要です。

 

更新履歴