AGAとは??

 

AGAの原因とは?

 

AGA(エージーエー)とは、Androgeretic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」をいいます。

 

主に男性の加齢による薄毛の状態のことをAGAと言っていますが、AGAは思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなってゆくのが特徴です。

 

AGAの原因は一般的に、遺伝や男性ホルモンの影響などと考えられていて、抜け毛が多くなり、髪が細く柔らかくなってうす毛が目立つようになっていきます。

 

AGAは全国で1300万人ほど、そのうち気にかけている人は800万人といわれ、何らかのケアを行ったことがあるという人は、650万人といわれています。AGAは進行性のものですから、何もせずほうっておくと髪の毛は減り続け徐々に薄くなっていきます。

 

気になり始めたらすぐAGAに該当するかどうかのセルフチェックをするか、専門医に相談してケアをすれば進行を遅らせることができます。今はインターネットで簡単にセルフチェックができるので、まずは自己診断をしてみることをお勧めします。

AGAの原因

 

 

AGAの原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関係していると言われています。DHTが髪の生え変わり(ヘアサイクル)の成長期を短くする原因物質と考えられています。

 

DHTによって髪の毛が成長する前に抜けてしまうため、細く短い髪の毛が多くなり全体として見るとうす毛が目立ち地肌が見えてしまいます。

 

DHTの作用で、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。急激に髪がなくなるわけではないので、本人や身近な人はそんなに気にならないようですが、久しぶりに会った人などは衝撃を受けるようです。

 

久しぶりにあった人からの指摘や、運転免許証の更新の際の写真などで髪の毛がずいぶん薄くなっていることを知るハメになる人も多いようで、AGAの進行がゆっくりのため、気ずいた時には進行がかなり進んでいる場合もあります。

 

AGAは普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っていることが多く、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。あきらめずケアをすることが肝心です。