AGAと遺伝

 

 

巷では、「ハゲは遺伝」という認識が強いようですが、本当にハゲやうす毛は遺伝によるものなのでしょうか。専門家によるとうす毛はさまざまな要因が関係して起こるもので、遺伝は全体の25%程度だといわれています。

 

体質が似ているためAGAになることはあっても、必ずしも遺伝の要素が強いわけではないので、治療をすればAGAの予防や改善はできます。

 

AGAは男性ホルモンが深く関与していますが、男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかは、母方からの遺伝によるところが大きいといわれます。つまり母方の祖父がうす毛なら孫にその素質が受け継がれることが多いようです。よくハゲは隔世遺伝のように言われますが、母は女性なのでAGAにならず、男の孫に祖父の素質が受け継がれるため隔世遺伝のように見えるだけです。

 

ただ、AGAの原因である5αリダクターゼの遺伝子は、優性遺伝で受け継がれるため、父・母にかかわらず、どちらかの親が5αリダクターゼの活性がある遺伝子を持っていると子どもにも活性が現れるといいます。

 

5αリダクターゼの分泌量には個人差があり、分泌量は遺伝により決まるといわれていますから、親が分泌量が多ければ子にもそれが受け継がれてしまうわけです。
そのためAGAが遺伝によるものと言えるのです。

 

しかし、AGAの原因はさまざまですから、遺伝とあきらめず専門家に相談して的確な対策を講じれば予防、改善の余地は充分あるのです。

AGAと年齢について

 

AGAと遺伝の関係について

 

AGA治療の効果には個人差がありますが、高齢になってもAGA治療の効果があるのかどうかが気になります。

 

AGAの発症は40代以降になると一気に増えて、70代になると約60%の男性がうす毛を気にしていることが分かっています。AGAは進行性なので、経過によって抜け毛の量は増え、うす毛は悪化していきます。

 

AGA治療は細胞の状態が若い人ほど効果が現れやすいとされていますから、気がついたらすぐ治療を始めればAGAの進行をくい止めることができるといえます。

 

若い人で、AGAが深刻でなければ治療ではなく、シャンプー剤の見直しや食生活や生活習慣を見直すだけでAGAの進行をくい止めることはできます。

 

それでも気になるという方は、AGA専門クリニックで無料のカウンセリングを受けてみてもいいでしょう。医療的治療より生活を見直すことで改善できるという診断をもらえるかもしれません。

 

10代や20代という若さでもAGAを発症する場合があります。AGAは進行性ですから、決断は早い方がいいのです。今その兆候があるのなら、10年後20年後のことを想像してみてください。クリニックに行くのが恥ずかしいと思うよりAGAが進行してしまった場合のことを想像すれば今、行動を起こすことがいかに大切か分かると思います。