AGA治療法「薬」

 

AGA治療法のいろいろ

 

日々AGAで悩む方は、なんとしてでも髪の毛を取り戻したいとお考えでしょう。
しかし、AGAの方は働き盛りで、治療にかける時間を定期的に取れない方が多いと思います。また、家庭がある方は、年齢的に子どもにお金がかかる時期でもあるかと思います。ですから、自分に大金をかけるのは難しい環境であったりします。

 

それでもAGAを改善したい場合、なにか方法はないものかと模索しているのではないでしょうか。

 

できるだけ金銭的な負担を軽くしたい、また手術などは考えられないという方にむいた治療法は「プロペシア」「ミノキシジル」などの治療薬を試してみることをお勧めします。注射などの施術をするわけではないし、自分の管理下で治療できます。

 

精神的、金銭的な負担も少なく、取り掛かりやすい治療法です。うす毛がそれほど深刻ではない方にも向いた治療法といえます。

 

ただ、この薬での治療にも様々な方法があります。うす毛の進行状況によって複数の組み合わせにしたり、うす毛の予防にもなる薬もあります。
頭髪で悩んだり、治療しようと思ったら、専門医に相談して薬を処方してもらいましょう。

AGA治療法「メソセラピー」

 

 

うす毛に悩んでいるものの、植毛やかつらなど、積極的に行動を起こすまでに至っていない人や、そういった治療に抵抗があるという人に試してもらいたいのが、「メソラセピー」です。

 

毛根が弱々しくても生きている状態ならメソセラピーでもう一度、黒々とした髪の毛が発毛、育毛する可能性があります。
AGAに有効な成分を直接頭皮に注入するので、薬を飲むより効果が期待できるとされています。

 

メソセラピーは毛乳頭や毛包を細胞レベルの活性を促し、毛幹を再成長させます。産毛のようになった髪の毛を太くて強い毛に育てるのです。

 

メソセラピーはプロペシアが使用できない女性の薄毛にも適応可能ですから、男女を問わず採用できる治療方法です。
メソセラピーに必要な費用は、AGAの進行状態により施術を受ける回数がことなりますが、1回の施術が8万円程度に設定しているクリニックが多いようです。

AGA治療「自毛植毛」

 

 

薬や施術でのAGA対策はその日に実感できなこと。それに比べて植毛はその日にふさぐさになった自分の髪の毛を実感できるのがメリットです。

 

AGAの方の多くは、後頭部以外の部分のうす毛です。後頭部の毛髪はAGAに対する耐性があるため、ハゲないのだそうです。
そこで、後頭部の毛髪を薄くなった部分に移植することでうす毛を解消する治療方法が行われるようになりました。

 

自毛植毛の利点はAGAに耐性のある後頭部の毛髪は移植しても、AGAに対する耐性という性質は受け継がれるため、定着さえすれば将来的にも再度うす毛になる心配はなく、成長の見込みがあるということ。

 

さらに自身の毛髪ですから、拒絶反応を引き起こすこともありません。今では自毛植毛の定着率は90%以上と言われていますから、安心して自毛植毛を受けられます。
移植した毛髪は、定着してそのまま成長し続け、約6〜10ヶ月で生えそろいます。
かつらのように突然毛髪が復活するのではなく、自然に髪の毛が伸びてくるので周囲からも不自然には見えません。

 

費用は各クリニックによって異なりますが、移植する数量、範囲などで計算されるようです。

AGA治療「HARG療法」

 

 

HARG療法は、医療機関でしか受けられない毛髪再生医療です。

 

HARG療法とは、人間の組織の中心的役割を担う、幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を直接頭皮に注入します。これらと同時にビタミンB、ブロメシル、システィンなども注入しますから、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激して発毛、育毛を活発にすることが期待できます。

 

HARG療法の成功率は90%と言われ、この療法を採用するクリニックの中には「もしも発毛を実感できなければ、治療費を返金する」というところもあります。

 

メソセラピーを進化させた療法と考えられ、その効果の高さから、費用もメソセラピーより高めの設定がされています。ただし効果の確実性が信頼できるものであれば、費用の高さに納得ができます。

 

この療法は男女の性別に関係なく、採用できるので、髪の毛で悩む人全てを対象とできる画期的な最新の治療方法として注目されています。