AGAは女性にもある?

 

AGAは女性にもある?

 

AGAは「男性型脱毛症」といって、男性ホルモンが大きく関係していますが、特徴は異なりますが、女性にもAGAはあります。
それは「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。

 

FAGAの原因は男性ホルモンですが、その男性ホルモンは女性の体内にも存在します。
女性ですから当然、女性ホルモンが多く存在しますが、髪を育てているのは女性ホルモンであるエストロゲンです。

 

女性ホルモンが活発な若い女性は、男性ホルモンであるテストステロンの濃度が男性の20分の1と少ないため、髪が薄くなることはありません。またエストロゲンの働きで髪が生え変わるサイクルが長くなるため、うす毛や抜け毛が起こったとしても進行が非常にゆっくりで気にならないのです。

 

しかし加齢とともに女性ホルモンが減少してゆくので、男性ホルモンの影響を受けやすくなりFAGAが発症しやすくなります。加齢以外にストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れなどもAGAの原因となります。

 

FAGAはホルモンバランスを整えることで予防、改善ができます。大豆製品などを積極的に摂り、ノンストレスな生活とバランスのとれた食生活を心掛けましょう。